ロゴ 電話番号

弔問時のマナー

2015 6月 14th, 09:28 am

・子どもを亡くした家庭への弔問
 子どもを亡くしたお宅へは同じような年頃の子どもを連れて弔問するのは避けましょう。また、自分の子どもの話題を引き合いに出すこともやめましょう。

・交通事故死の場合の弔問
 事故の状況を聞き出すような言動は避けましょう。故人に過失がなかった場合も、決して加害者を責め立てるような言動は慎みましょう。故人に過失のある場合もよけいなことは言わずにそっとしておくのが礼儀です。

・お年寄りを亡くした家庭への弔問
 「天寿をまっとうされておめでたい」とか、「大往生でご満足でしょう」などと決して言わないこと。この言葉は遺族が使う言葉で弔問客さは「まだまだ長生きしてほしかった」と言うような言葉を述べるのが礼儀です。

・変死の場合
 警察が関与するような死亡の場合は、密葬ですまされることがほとんどです。もし連絡を受けた場合は、余分なことは語らず、気持ちがだけが伝わるように心がけましょう。


main_otoiawase

大手の電話オペレーターとは違い、実際に様々なご葬儀を執り行った実績のある経験豊富な専門スタッフが対応いたします。緊急の場合やあらゆるご相談に365日24時間対応しておりますので気軽にお電話ください。

ロゴ

川西池田会館 施設案内

〒666-0014 兵庫県川西市小戸2丁目3-7

箕面会館 施設案内

〒562-0043 大阪府箕面市桜井3-13-11

猪名川会館 施設案内

〒666-0233 兵庫県川辺郡猪名川町
紫合字北裏764-7

葬儀五塔電話番号

Copyright© 2022 葬儀の株式会社セレモニー五塔 All Rights Reserved.
本サイト内の全ての音楽・画像・文章の無断での商用、営利目的などの2次利用、転用利用は固く禁じます。